コンタクトレンズのケアの必要性

コンタクトレンズは眼球に密着させて装用させます。そのため、衛生面における配慮が必要です。衛生的に装用するためには日頃のケアが必要です。では何故ケアが必要なのでしょうか。

コンタクトレンズの汚れには大まかに分けて内部からの汚れと外部からの汚れがあります。内部からの汚れは涙成分が原因による汚れです。そもそも涙にはタンパク質、糖質、カルシウムが含まれます。これらの成分がレンズの表面に付着したり、ソフトレンズであれば内部にまで入り込みます。外部からの汚れは手の汚れやタバコの煙による汚れです。コンタクトレンズを扱う手に汚れが付いていればそれがレンズに付着します。また、タバコの煙には人間に悪影響を及ぼす成分が含まれており、それが付着しレンズが汚れます。毎日のケアを怠ると汚れが蓄積するため、普段からコンタクトレンズを装用する方は衛生的に使うために正しいケアを心がけます。

コンタクトレンズのトラブルの多くは製品そのものではなくケア不足の汚れが原因です。例えば汚れたレンズを装用していると角膜を傷つけることもあります。また、結膜炎などを引き起こすこともあります。こすり洗いやつけおき洗浄など適切な洗浄方法で衛生を保ちましょう。