メガネではなくコンタクトレンズを使うメリット

視力が悪い方はコンタクトレンズかメガネの着用をしていますが、その中でもコンタクトレンズを着用するメリットについて紹介します。

まず、コンタクトレンズには視野が広いというメリットがあります。コンタクトレンズはメガネのようにフレームで固定されていません。その分視野が広くなるので安全性も高くなります。一般的にメガネを装着すると視野は120度程度です。しかし、コンタクトレンズは200度まで視野が広がります。視野を広げたい方はコンタクトレンズを着用するといいでしょう。

また、自然な見え方なのもメリットの一つです。メガネを装着すると、目とレンズとの間に約12mm程度の隙間があります。その為、レンズによっては実際よりも大きく見えたり小さく見えたりします。それに比べてコンタクトレンズなら目に密着しているので、物が実際よりも大きく見えたり小さく見えたりすることはありません。自然な見え方なので魅力的です。

その他にもスポーツを楽しめるといったメリットが挙げられます。スポーツの中でも特に激しく動くものに関してはメガネが邪魔に感じることもあります。しかし、コンタクトレンズにすれば、フレームが邪魔になることなく、快適にスポーツを楽しめます。